排卵日検査薬を比較

人気の排卵日検査薬を比較「ワンステップ排卵検査薬 vs クリアブルー・イージー」

「ワンステップ」と「クリアブルーイージー」

ワンステップ排卵検査薬とクリアブルー・イージーは、どちらも海外で人気の高い排卵日検査薬です。

ここ数年、日本国内においても海外製排卵日検査薬の人気が高まりつつあります。なぜなら数年前の薬事法改正の影響で、日本製を購入するには手続きが煩雑になってしまったからです。

しかしながら、海外製の排卵日検査薬も多種多様のため、初心者の方ですと何を基準に選んで良いか迷ってしまうことも。

ここでは、海外製の排卵日検査薬の中で特に人気と評価の高い、「ワンステップ検査薬」と「クリアブルー・イージー」の2つに対象を絞り、様々な要素を比較しながらご紹介していきたいと思います。

販売価格や内容・仕様の比較

まず、ワンステップ排卵検査薬。1箱に入っている個数は50個(50回分)で、1回あたりの薬価はおよそ68円。測定にかかる時間は約5分で、1日前に排卵予定日を予測できます。

判定ラインの本数とその色の濃さを見て判断するアナログ仕様となっています。

次に、クリアブルー・イージー。1箱に入っている個数は14本(14回分)で、1回あたりの薬価はおよそ562円。測定にかかる時間は約3分で、2日前に排卵予定日を予測できます。

判定結果が直接ディスプレイに表示される正確さ99%のデジタル仕様となっています。

そのため、価格の安さを重視する方は、「ワンステップ排卵検査薬」を、判定のし易さや正確さを重視する方は、「クリアブルー・イージー」を選択する傾向が強くなっています。

以下は、上記で挙げた両者の違いを一覧表にしてものです。

項目 ワンステップ検査薬 クリアブルー・イージー
1回あたりの薬価 約68円 約562円
内容量 50本 14本
測定時間 約5分 約3分
排卵日予測可能範囲 約1日前 約2日前
仕様 判定ラインの本数と濃度 ディスプレイに結果表示

メリット・デミリットの比較

次に、メリットとデメリットについてです。

ワンステップ排卵検査薬の最大のメリットは、割安な価格にもかかわらず内容量が多いという点です。通常の排卵日検査薬の内容量は1クール分である7本になっているため、念のためもう1度検査をしたかったり、早目に検査を開始したいと考えている人にとっては、内容量が7本では足りません。

その点、ワンステップ排卵検査薬は、20本・50本・200本と内容量を選ぶことができるので、「足りなくなってしまう」という余計な不安や心配をする必要が一切ないのです。

デメリットを挙げるとすれば、ワンステップ排卵検査薬の仕様が、判定ラインの本数と色の濃さを自分の目で見て判断するアナログ式となっている点です。そのため、自分で判断する自信がない場合や、そういった手間自体を省きたい人には向いておりません。

クリアブルー・イージーの最大のメリットは、3分という測定時間の短さと判定の正確さです。常日頃あまり時間に余裕がなく、できるだけ手短に済ませたいと考える人にありがたい仕様となっています。

デメリットを挙げるとすれば、性能が高い分、ワンステップ排卵検査薬の約8倍の販売価格帯となっている点です。そのため、経済的負担を軽くしたい人(たくさん検査したい人)には向いておりません。

以上のことより、「ある程度まとまった量が欲しい」または「経済的負担を最小限に止めたい」と考える人にはワンステップ排卵検査薬を、「検査を手短に済ませたい」または「判定に戸惑いたくない」と考える人にはクリアブルー・イージーのご購入をおすすめ致します。

合わせて参考にして欲しいページ
  •